■銀月館MENU[ TOP | DIARY | aboutThisSite | Circle Information | SailorMoon | GALLERY | COLUMN | LINK ]

銀月館DIARY

■「銀月館」関係の連絡・告知、及び管理人ゆうづきの日々の雑感等■

東芝!頑張れ〜(>_<)/

私が今使ってるのは、東芝のHDDプレーヤー、RD-Style。
もう買ってから三年以上経ちますし、大分古くなりましたが、これほどまでに使い勝手の良い機種はないと思います。ホント、断言できますよ!

RD-Style

Panasonicを使っていたうちの実家が、HDDプレーヤーを買い直すというので「東芝にしなよ〜」と勧めていたのですが、電器屋のお兄ちゃんに「SONYが一番!」と言われて、ふらっとSONYを買ってしまったらしいのです。
我が家の東芝の操作性を少しはわかっているうちの母は、今、SONYを買ったことを心底悔やんでます。


東芝のRD-Styleって、とにかくmixiでコミュができてるくらいコアなファンの多い機種です。
ちなみに東芝RD-Styleとしての公式サイトはこちら

まず一押しなのは、録画した番組をフォルダに入れて整理できること。
これが他の機種では意外にできないことにびっくりしました。
続きを読む>>
■■ご感想を頂けると励みになりますv
まずは記事のタイトルをクリック→個別記事の末尾をご覧下さい

|雑感 > あれこれオススメ|comments (4)|-|

思い出の「ピエトロ」

全国的(多分)にメジャーになったもので、実は九州(概ね福岡)発…というのは、意外に多い気がします。今日は肩の力を抜いて、私が比較的よく知っているお店を、思い出も交えて書いてみたいと思います。


洋麺屋ピエトロ:ドレッシングが全国的に好評をはくして、贈答品などのリストにもよく見かけるようになりましたね。公式サイトによると、既に海外にも出店しているそうです。びっくり…あ、でも、日本でも関東以北には出店してないのか…

この「洋麺屋ピエトロ」の創業は1980年、福岡市の天神にて。今も本店として営業中です。その後、レストランのフランチャイズ事業を始めているのですが、その時の第1号店が久留米店。西鉄久留米駅の近くのビルの一階のテナントで入っていた、小さなお店でした。確か、喫茶店かな?というくらいの規模だったと思います。このお店は今はもうないみたいですが。
続きを読む>>
■■ご感想を頂けると励みになりますv
まずは記事のタイトルをクリック→個別記事の末尾をご覧下さい

|雑感 > あれこれオススメ|comments (0)|-|

占いモンキー

友人の間でこのところ妙に流行っている占いモンキー!
サイトの説明によると、この占いの母体は古代中国に端を発する東洋占星術とのこと。四柱推命とか紫微(薇)斗数とかでしょうか。この二つは性別によって運気の流れが変わるという見方をするそうで、占いモンキーで生年月日以外に性別を入力するのもこの辺に由来するのかもしれません。いや私は東洋占術は守備範囲外なのでなんともいえないのですが。


起源がしっかりしてるからか、一見単なるカワイイ系の占いに見えますが、その占い結果はやたらと詳細です。しかも思い当たる節がちらほら。自分自身については「そうかな?」ということがあったとしても、身近な人の占いをしてみると「あたってるかも…」というケースが多い…
こういうことって、同じく東洋占術を起源にもつ動物占いでもあったような。
そういえば、私の知人で、動物占いで細かい分類までまったく同じ組み合わせだったのが一組だけ心当たりあったので、ためしにやってみたら、この占いモンキーでも同じタイプになりました。もしかしたら起源はかなり近いところにあるのかもしれません。
ちなみに、私が試した知人の場合、動物占いで「銀のペガサス(優雅なペガサス)」、占いモンキーで「下町派ブルーモンキー」になるケースです。ちなみにどちらも男性なので、性別によっては占いモンキーは差がでることもあるのかな?もちろん、一組だけのことなので、偶然の一致と言うこともあるかとは思うのですが。

ちなみに、私は動物占いでは「オレンジのコアラ(フットワークの軽いコアラ)」、占いモンキーでは「快活派ピンクモンキー」でした。これって比較して検証していってもおもしろいかもしれませんね。

もっとも、仮にこれらが合致したからといって、動物占いと占いモンキーが同じだと言うつもりはありません。キャラ分析やアプローチの仕方等はそれぞれ個性がありますので、どちらも面白いですよvv
占いは下記サイトで生年月日と性別を入力するだけ、勿論無料、登録も不要。
試しに一度いかがですかv

サイトはこちら→占いモンキー



■■ご感想を頂けると励みになりますv
まずは記事のタイトルをクリック→個別記事の末尾をご覧下さい

|雑感 > あれこれオススメ|comments (0)|-|

美肌水(「ゆほびか」より)

私は化粧品とか肌のケアとかおしゃれするとか、そういうものにどうにも疎い、旧世代のオタクではありますが(この年になるとそれも犯罪的かも(汗))、それでもこれまでで一番「これはいい」と思ったのが、この「美肌水」。
もともとは私の母が十数年前に健康志向に目覚め(笑)、「ゆほびか」で「いいものみつけた」といって私に教えてくれたのがこの美肌水でした。それどころか自ら美肌水を大量に作って親類縁者に配付してまわったという入れ込みようで、私も現物をもらったから使ってみたというのが正直なところでした。

ところが。
これがへたな化粧品よりもよくきくんですよね。材料なんてホントに安価なのに。乾燥肌に効く、とありますが、私のような脂性(今はさすがに脂が少なくなって、逆にちょうどいい感じ?みたいな(笑))でも効果が実感できました。
今は材料を母に分けてもらってその都度作って使ってます。

最近になって効果を再認識したのは、
さすがに面倒になってきまして、このところ子供にベビーローションを塗る時についでに自分も塗ったりしてすませてたんですよね。
ところが、そうするとてきめんに「フキデモノ」とやらが出てくる訳です。
あわてて美肌水を作って使用を再開すると、数日ですうっとおさまりました。
実際使い始めた当時、既にニキビは一段落してたので、ニキビ(フキデモノ)の方で効果を実感したのは今回が始めてでした。
ああ…10代の頃にこの美肌水の存在を知っていたかった…(後悔)

しかも。
私はもともとケチくさい方で、たまに化粧水など買ってもケチってケチって使ってしまうほうなのですが、これは元手が安いこともあって、ふんだんにつかえます。ってそんなところで悩んでる人なんてそんなにいないんだろうなあ…(哀)

というわけで、ごくごくベースのお手入れとしてはこの美肌水はオススメです。よくわからないものをたくさん塗ったり飲んだりするよりは、シンプルでいいかもしれません。いやもともとこういう方面にあまり興味のない私がいっても今イチ説得力ないのですが…




■■ご感想を頂けると励みになりますv
まずは記事のタイトルをクリック→個別記事の末尾をご覧下さい

|雑感 > あれこれオススメ|comments (0)|trackbacks (0)|

New Entries
Recent Comments
Categories
Archives


10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--